youtubepartner
トップへ 北信州エリア 東信州エリア 中信州エリア 南信州エリア 県外放浪編 ハイライトシーン 車の話題 温泉レポート キャンプ場レポート グルメレポート




2010年10月23日 Hi-Vision撮影

中津川ICから木曽路に入り、御岳山麓の奥深くに分け入り、最後は中央自動車道伊那ICまでのドライブルートをご紹介。レポートはすべてHi-Vision映像でご紹介しています。

秋は深山から次第に山麓に降りてきます。御岳山の山麓を3ルートで分け入り、標高2,100mまで車で上がり、深山の紅葉から山麓の紅葉までレポートいたしました。

信州そばは、開田高原も名産。ルート沿いのお店もいくつか紹介しています。そして日本の馬の源生種の一つ「木曽馬」もレポート。人なつこい馬のかわいさをご覧ください。

火山でもある御岳山は、あちこちに温泉が湧き出ています。山麓から少し離れた二本木の湯は、炭酸温泉として古くから飛騨街道を行く旅人や、御岳まいりの旅人の湯治場として有名です。
2007年7月20日 Standard撮影
2008年5月8日 Hi-Vision/Standard撮影
2009年9月3日 GPS計測

国道152号線は、飯田市に合併された信州遠山郷から、下伊那郡の大鹿村を通り、伊那市高遠町から杖突峠を越えて、茅野に出る走行距離kmのルートです。

ドライブイン信州では、ここを2007年、08年、09年と3年かけて撮影をいたしました。

中央構造線が浸食されて作られたこの谷は、周囲を急勾配の山並みに囲まれ、1,400mの標高差を登り切ると、しらびそ高原からまだ残雪の残る南アルプスの稜線を見ることが出来ます。

2010年に通行止めになりましたが、2007年に分杭峠のゼロ磁場地帯を撮影することができました。分杭峠を迂回するには、小渋渓谷を松川方面に迂回し、四徳大橋から折草峠を越えてゆきます。

また折草峠から未舗装の林道を行くと、伊那谷と中央アルプスを全て見渡すことができる、陣馬形山に行くことができます。

07年は、雲の直下の撮影でしたが、08年は五月晴れの好天に恵まれ見事なパノラマを撮影できました。

また高遠では、南アルプスと中央アルプスを望む稜線上にある穴場のキャンプ場「鹿嶺高原キャンプ場」もレポートいたしました。お楽しみに(^^ゞ


楽天トラベル株式会社

アウトドア&フィッシング ナチュラム

【ガリバー中古車】中古車情報・中古車検索